• ①保育の心理学

    ●主体性の形成と発達援助(保育の心理学)

    1 自己の主体性 子どもの『主体性』を尊重してはぐくむことが、保育所保育指針では保育の基本とされています。しかし、まだ未熟な子どもが自分から、主体的に周りの環境や社会に働きかけることは、ある程度の危険性やリスクを伴います…

    ●主体性の形成と発達援助(保育の心理学) はコメントを受け付けていません