• ◎保育の勉強

    ●幼児期の発達(保育の心理学)

    1 幼児期の発達の特徴 赤ちゃんだった乳児が、もう少し成長し幼児になり1歳~1歳3か月くらいになるとほとんどの幼児が歩き始めます。そして2才くらいになると走るようになり、指先の動きなども目覚ましく発達してきます・ 立った…

    ●幼児期の発達(保育の心理学) はコメントを受け付けていません