• ◎保育の勉強

    ●初期経験の大切さ(保育の心理学)

    1 インプリンティング・刷り込み 動物にとって(人間を含め)、生まれてからすぐに経験する初期経験はとても大切な意味を持ちます。オーストラリアの動物行動学者ローレンツはハイイロガンを使った研究で、ヒナが生まれて初めて見た動…

    ●初期経験の大切さ(保育の心理学) はコメントを受け付けていません
  • ◎保育の勉強

    ●愛着の発達について(保育の心理学)

    〇母子関係と愛着について 赤ちゃんには生まれつき、お母さんなどの養育者の養育行動を引き出す「愛着行動」を身につけています。赤ちゃんの泣く、笑う、見つめるなどの行動に、養育者が素早く一貫した反応を繰り返すことで、赤ちゃんは…

    ●愛着の発達について(保育の心理学) はコメントを受け付けていません
  • ◎保育の勉強

    ●認知の発達について(保育の心理学)

    〇認知とは… 認知とは認識ともいわれますが、知ることです。そして、人が感覚・知覚したものについて考え、判断するまでの一通りの心理過程を認知過程といいます。 スイスの心理学者、ピアジェは認知の発達について『同化と調節』とい…

    ●認知の発達について(保育の心理学) はコメントを受け付けていません
  • ◎保育の勉強

    ●ことばの発達について(保育の心理学)

    〇音声の発達について ・新生児ごろから(クーイング) 生まれて初めて赤ちゃんが発生するのは産声です。そして、その後は泣き声によって欲求を伝えてきます。生まれて以下月ごろには「あー」とか「うー」「ぐー」など、喉を鳴らすよう…

    ●ことばの発達について(保育の心理学) はコメントを受け付けていません