• ①保育の心理学

    ●発達の連続性と就学に向けた支援(保育の心理学)

    1 発達の連続性 子どもの発達は、その子の今の発達段階の特徴だけを捉えるのではなく、小さいころからの発達の過程が連続したものとしてかんがえなければなりません。例えば、子どもが言葉を話し始めるのは、言葉を理解していることが…

    ●発達の連続性と就学に向けた支援(保育の心理学) はコメントを受け付けていません
  • ①保育の心理学

    ●発達課題に応じた関わりと配慮事項(保育の心理学)

    1 発達課題 ライフサイクルの各時期に特有の課題を発達課題といいます。 ライフサイクル論とは、エリクソンにより提唱された発達段階論です。人間の発達を、加齢による生物学的な成熟と衰退のみとしたものではなく、出生から、子ども…

    ●発達課題に応じた関わりと配慮事項(保育の心理学) はコメントを受け付けていません
  • ①保育の心理学

    ●主体性の形成と発達援助(保育の心理学)

    1 自己の主体性 子どもの『主体性』を尊重してはぐくむことが、保育所保育指針では保育の基本とされています。しかし、まだ未熟な子どもが自分から、主体的に周りの環境や社会に働きかけることは、ある程度の危険性やリスクを伴います…

    ●主体性の形成と発達援助(保育の心理学) はコメントを受け付けていません
  • ①保育の心理学

    ●基本的生活習慣の獲得と発達援助(保育の心理学)

    1 基本的生活習慣の獲得・援助 基本的生活習慣とは、睡眠、排せつ、清潔、食事、衣服の着脱など、子供が成長し社会生活をおくるために必要な生活習慣のことをいいます。基本的生活習慣を獲得することで、子どもたちは生活のなかでの行…

    ●基本的生活習慣の獲得と発達援助(保育の心理学) はコメントを受け付けていません
  • ①保育の心理学

    ●発達の特徴と発達過程に応じた保育実践(保育の心理学)

    1 乳児保育 乳児保育では、①健やかにのびのびと育つ②身近な人と気持ちが通じ合う③身近なものと関わり完成を育てる、の3つを重視し発達の特徴をふまえた保育を実践します。 〇乳児期の特徴 ・五感を通じて環境を認知し始める・首…

    ●発達の特徴と発達過程に応じた保育実践(保育の心理学) はコメントを受け付けていません
  • ①保育の心理学

    ●個人差に応じた保育(保育の心理学)

    1 発達の過程 子どもにはひとりひとり必ず個人差があります。個人差とは子どもの持つ異なる特性や資質であり、子どもを取り巻く環境などの要因からも生まれます。身長や顔立ちなどの身体的発達と同じく、心的機能の発達に見られる個人…

    ●個人差に応じた保育(保育の心理学) はコメントを受け付けていません
  • ①保育の心理学

    ●保育における査察・対話・協働(保育の心理学)

    1 保育における査察 保育における「査察」とは保育者が保育の振り返りをすることです。集団で過ごし保育を行う場である保育所では、子どもの発達を理解する際にも、集団と子ども一人一人の成長について振り返ることがとても重要です。…

    ●保育における査察・対話・協働(保育の心理学) はコメントを受け付けていません
  • ①保育の心理学

    ●発達のアセスメント・心理検査(保育の心理学)

    発達のアセスメントでは、特定の心理機能の発達を測定するために、専門家によるいろいろな心理検査が必要になることもあります。心理検査には、発達検査や知能検査などがあり、代表的な発達検査には遠城寺式やデンバー式、知能検査にはビ…

    ●発達のアセスメント・心理検査(保育の心理学) はコメントを受け付けていません
  • ①保育の心理学

    ●発達のアセスメント 観察法・面接法(保育の心理学)

    1 発達のアセスメントについて 発達のアセスメントとは、子どもの発達を把握するために行われる、評価・査定のことです。「診断」という言葉と似たイメージがありますが、「診断」というのが、病院などで行われる医療行為で、検査して…

    ●発達のアセスメント 観察法・面接法(保育の心理学) はコメントを受け付けていません
  • ①保育の心理学

    ●子どもにとって環境としての保育者(保育の心理学)

    1 人的環境として 子どもにとって保育の環境には、保育施設や遊具などの物的環境、山や川、海などの自然、その他の広い社会などとともに、親や友達、保育士などの人的環境があります。特に保育士は子どもの成長や発達を支援するという…

    ●子どもにとって環境としての保育者(保育の心理学) はコメントを受け付けていません
  • ①保育の心理学

    ●子どもと環境との相互作用(保育の心理学)

    1 直接体験と間接体験 子どもにとって未知の体験や現象への驚きや、自然環境の不思議、美しさに感動するような体験はとても重要なものです。子供が自分の身体、五感を通して直接体験することを「直接体験」といいます。それに対し、テ…

    ●子どもと環境との相互作用(保育の心理学) はコメントを受け付けていません
  • ①保育の心理学

    ●子どもの遊びと発達(保育の心理学)

    1 遊びと子どもの認知発達 スイスの発達心理学者ピアジェは、子どもの遊びを発達水準が反映された行動と考え、子どもの遊びを観察することが、子どもに認知発達の水準を計ることだと考えました。 2 乳児期の実践遊び 乳児期までの…

    ●子どもの遊びと発達(保育の心理学) はコメントを受け付けていません
  • ①保育の心理学

    ●いろいろな学習(保育の心理学)

    1 試行錯誤学習と洞察学習 ・アメリカのエドワード・ソーンダイクは、空腹の猫を問題箱(紐を引くなどすると脱出できる)に閉じ込めて外に餌を置き、試行錯誤によって偶然脱出できることを繰り返すと、次第に脱出成功までの時間が短く…

    ●いろいろな学習(保育の心理学) はコメントを受け付けていません
  • ①保育の心理学

    ●子どもの生活と行動(保育の心理学)

    1 基本的生活習慣を形成すること 三歳くらいになると、子どもは基本的生活習慣が身に付き、食事や睡眠、排せつや衣服の着脱などがある程度自分でできるようになります。そして、5歳くらいになると基本的生活習慣がしっかり身に付き、…

    ●子どもの生活と行動(保育の心理学) はコメントを受け付けていません
  • ①保育の心理学

    ●発達障害(保育の心理学)

    1 発達障害とは… 発達障害(神経発達障害)とは体や脳の一部の問題によって、心身の発達に障害がみられている状態を言います。自閉スペクトラム症や注意欠如・多動症、限局性学習症、知的能力障害などがあげられます。それぞれの特性…

    ●発達障害(保育の心理学) はコメントを受け付けていません