◎お悩み相談・お返事~みんな幸せになれますように~

・息子のお嫁さんについてお悩みのお姑さん

パートで働く50代の主婦(こずえさん:仮名)がご相談に来てくださいました。

今は子供たちも独立し、60代のご主人と二人暮らしをされておられます。子育てと仕事に忙しかったころを思い出しながら、今はゆったりとした時間が流れて時間的にも精神的にも経済的にも余裕があるということなのですが、一つだけ、ご長男である息子さんのお嫁さんに対して悩んでおられるとのことでした。

息子さんは奥さんとお子さん2人の4人家族で、こずえさんのお宅から車で10分くらいのところにお住まいです。息子さんのお嫁さんは、息子さんとの結婚前から、こずえさんご夫婦とは、あまり話をすることもなく、挨拶などもしなかったそうです。誕生日や記念日などに贈り物をしても連絡も来ず、こずえさんから電話をしてもほとんど出ないし、メールの返事もなく、こずえさんから連絡をし続けたところ、「私はとても忙しいので、私ではなく息子さんである夫のほうに連絡をしてほしい」と言われてしまったそうです。こずえさんは少しでもお嫁さんに、打ち解けて話をしたいだけなのですがうまくいきません。

先日、こずえさんのご主人が入院・手術をして、こずえさんは病院に通い看病をされていたのですが、お嫁さんからは、お見舞いも電話もなく、病院の帰りに報告に家に寄りたいと申し入れても「仕事とかで忙しく余裕がない」と断られてしまったそうです。息子さんに相談しても「嫁も仕事と育児の両立で忙しいから仕方がないよ」となだめられ、そのぶん、息子さんがお見舞いにきたり、訪ねてきてくれたりするそうです。

でも、こずえさんは息子さんのお嫁さんとも仲良くしたいのに、我慢するしかないのかと悩んでおられます。

≪こずえさんへのアドバイス≫

こずえさんは、私と年齢が5歳ほどしか離れていないのに、息子さんのお嫁さんと仲良くしたいためにこんなに悩んでいらっしゃることに驚いてしまいました。悩んでいるこずえさんには、ちょっと失礼ながら、きっとご家族に対する愛であふれているのだなと、なんと素敵な方なんだろうとほほえましく思ってしまいました。私は、まだ子供たちは結婚をしていませんが、二人とも家をでて、やっと自分の仕事や趣味に時間を使えるとのらりくらりと考えておりましたので。

こずえさんは、ご子息一家と仲良く穏やかで楽しく過ごす老後を期待されているのですね。このままではそれがかなえられそうもない、そしてどうにか関係を軌道修正をしたい、そのためにどうしてお嫁さんがそんな態度なのかを知りたい、そして、関係を改善したい、そんなお気持ちでおられるようです。

しかし、こずえさんはお嫁さんへのそういう期待は捨ててしまったほうが良いと思います。そのほうがこずえさん自身もらくになります。そして、その結果、だいぶ先になるかもしれませんが、息子さん一家とも打ち解ける日がくるかもしれません。

お嫁さんからしたら、もともと、性格的に人との付き合いが極端に苦手な方なのかもしれません。そうでない方には理解されにくいのですが、人との付き合いが苦痛でストレスに感じ体調が悪くなってしまう人もおられます。また、こずえさんが気が付かずに言った言葉に、お嫁さんが深く傷ついているのかもしれません。そういう場合は、時間が解決してくれる場合もあります。

具体的な真相はわかりませんが、いろんな理由がある中で、息子さんがそれでよしとして、こずえさんとお嫁さんの間に入り、気遣ってご主人のお見舞いに来たり、訪ねてきてくれたりしているのでしたら、その状態に感謝して、無理にそれ以上の期待をしないほうが良いと思います。むしろ、現状に感謝することが大切だと思います。

せっかく、子育てから解放されて自分の時間ができたのですから、振り向いてくれないお嫁さんに、心を縛られるより、自分自身が楽しく思えることに時間をつかってみてください。趣味でも地域のボランティアなどにもいろいろなジャンルがあります。その中で、お嫁さんへの気遣いをしてきたエネルギーを使ってみたら、きっと、本気の感謝が返ってくるとおもいます。気遣いの相手は身内である必要はないのです。

・息子のお嫁さんについてお悩みのお姑さん はコメントを受け付けていません

今の時代、多くの人がストレスを抱えて生きていると思います。 私も成長期の家族からの暴力や虐待に30年以上たった今でもトラウマを残し、生きづらさを抱えて生きてきました。 でも、人はみんな幸せに生きる権利があります。今の人生がつらい過去の上にあるとしても、そして、自分を取り巻く状況が厳しいものであっても、人の心や幸せの意味を考えてみんなに幸せになってもらいたいと思います。 いろいろあっても、工夫して、自分を癒し、人を癒し、明るい未来に向かいたいです。