③子ども家庭福祉

●児童相談所(子ども家庭福祉)

1 児童相談所とは

児童相談所は、児童福祉法に基づいて設置される行政機関です。
 原則18歳未満の子供に関する相談や通告について、子供本人・家族・学校の先生・地域の方々など、どなたからも受け付けています。
 児童相談所は、すべての子供が心身ともに健やかに育ち、その持てる力を最大限に発揮できるように家族等を援助し、ともに考え、問題を解決していく専門の相談機関です。

児童福祉司・児童心理司・医師・保健師などの専門スタッフが下のような相談に対応をします。

・保護者の病気、死亡、家出、離婚などの事情で子供が家庭で生活できなくなった。
・虐待など子供の人権にかかわる問題がある。
・わがまま、落ち着きがない、友達ができない、いじめられる、学校に行きたがらない、チック等・の習癖、夜尿などで心配である。
・知的発達の遅れ、肢体不自由、ことばの遅れ、虚弱、自閉傾向がある。
・家出、盗み、乱暴、性的いたずら、薬物の習慣などがある。
・里親として家庭で子供を育てたい。

2 児童相談所の業務

専門の職員が相談内容を聞き、必要に応じて調査を行ったり、知能・性格などの心理的検査や医師による診断などを行います。

〇助言指導 

受け付けた相談に対して、助言、指示、説得、情報提供などの適切な方法で援助を行います。
関連機関の援助が必要な場合、専門機関を紹介します。

〇継続的な援助
必要に応じて、継続的に一定期間、専門職員による援助を行います。
援助の中で、遊びを通じた治療プログラムやカウンセリング、ペアレントトレーニングなどを行うことがあります。

〇一時保護  
緊急に保護を必要とする場合、保護による行動観察が必要な場合、又は短期入所指導を行う必要がある場合に一時保護を行います。
一時保護には一時保護所への入所と、養育家庭等への一時保護委託があります。
一時保護委託は、子どもの年齢や状況により、養育家庭や児童福祉施設などに委託保護することが適切な場合等に行います。

〇養育家庭 
様々な事情により家庭で生活することができない子どものために、里親制度を推進しています。

〇施設への入所
様々な事情により家庭で生活することができず、里親委託が困難な子供を一定の期間、乳児院、児童養護施設、児童自立支援施設、知的障害児施設、肢体不自由児施設などの児童福祉施設で預かります。

〇特別児童扶養手当などの給付
税金の減額あるいは免除
医療費の一部助成
鉄道、バス、航空運賃等の割引
その他

3 児童相談所の費用

児童相談所で必要となる費用は、都道府県が負担することになっています。しかし、一時保護に関わる費用はその半分を国が負担します。一時保護中の費用は全額公費ですが、預け先での食費や教育費などの措置費用は、保護者が生活保護受給者である場合など以外は所得に応じて児相が徴収します。

4 児童相談所運営指針

児童相談所運営指針には児童相談所の業務や組織についての指針がまとめられています。児童相談所運営指針は1990年に定められ、その後、親権停止などに関する児童相談所の権限の強化や2020年には、医師・保健師・弁護士の配置や転居する児童の移転先児童相談所への情報提供に関する内容等の改正などが行われています。

この記事をSNSでシェアしてね!

今の時代、多くの人がストレスを抱えて生きていると思います。 私も成長期の家族からの暴力や虐待に30年以上たった今でもトラウマを残し、生きづらさを抱えて生きてきました。 でも、人はみんな幸せに生きる権利があります。今の人生がつらい過去の上にあるとしても、そして、自分を取り巻く状況が厳しいものであっても、人の心や幸せの意味を考えてみんなに幸せになってもらいたいと思います。 最近、保育の勉強に興味をもちました。学んでいると、まるで自分を育てなおしているような気持になります。学んだことをブログにもまとめていますので興味のある方は是非ごらんください。育児中の方などにもお勧めです。