◎保育の勉強

●保育所の子育て支援(保育原理)

1 保育所での子育て支援に関する基本的事項

保育所保育指針第4章において、保育所では特性を生かした子育て支援として、下の2つの機能をになっています。

〇保育所を利用している保護者に対する支援
〇地域の保護者等に対する保護者に対する子育て支援

保育所の保護者支援とは、保護者が安心してに育児を行えるように支援することです。だからといって、保育士が家庭での育児に対してで必要以上に出すぎてはいけません。子どもの生活する環境を、家庭と保育園とで情報を共有し、家庭環境を考慮して保護者に適切な支援を行うことが大切です。

保育士は専門的な知識や技術を活かして保育環境を整え、保護者からの相談において、保護者の意志を尊重し、信頼関係を築いたうえで、保護者が悩んでいることを聞き取り、内容をふまえたうえで子どもへの接し方を考慮することが保護者支援の大きな役割となります。保護者への支援は、保育士間の協力や連携、そして、ほかの専門職との連携のもとに進める必要があります。

2 保育所を利用している子どもの保護者との相互理解

保育所に入所している子どもの保護者へは、保育士は日ごろから、いろいろな機会でコミュニケーションをとり、信頼関係を築いていくことが大切です。その時には保育士は下のような注意が必要です。

・保育に関する知識や技術などの保育士の専門性や、子どもの集団が常に存在すること等の保育環境など、保育所の特性を生かすこと

・保護者とともに、子どもの成長の喜びを共有すること

・それぞれの保護者の状況を踏まえ、子どもと保護者の安定した関係に配慮して、保護者の養育力の向上に資するよう適切に支援すること

・子育て等に関する相談や助言に当たっては、保護者の気持ちを受け止め、相互の信頼関係を基本に、保護者の自己決定を尊重すること

3 保護者の状況に配慮した個別の支援

〇保護者の就労と子育ての両立支援

保護者も毎日仕事で疲れており、家に帰ってご飯の用意に子どもの事をしないといけないので、追い込まれている保護者もおられます。

保育所は多様な保護者の働き方に合わせて、保育時間の延長や、休日・夜間保育・病児にタイル巣保育など、いろいろな保育を行うことがあります。長時間の保育を行う場合には、保護者の状況への配慮や子どもの福祉が尊重されるように努めることが大切です。

〇子どもに障害や発達上の課題がある場合

保育所は、行政や専門職などと連携を図り、保育所に通う子どもだけでなく保護者も交えて家庭への支援についての記録や計画を個別に作成するなど、個別支援を行うことが大切です。

〇ひとり親家庭などへの支援

ひとり親家庭、貧困家庭、外国籍家庭などでは、保護者は子育てに困難や不安、負担感や孤独感を持ちやすいため、子どもの生育歴や、それぞれの家庭の状況などに応じた支援が必要となります。

4 不適切な養育が疑われる家庭の支援

虐待など不適切な養育を疑われる場合は、要保護児童として、下のような対応をします。

・要保護児童、要支援家庭を早期に発見する。
・関係する機関と人の間で情報の共有化を図り、それぞれの人と機関の役割分担を明確にする。
・要保護児童、要支援家庭に対し、迅速に支援をはじめる。
・役割分担を通じて、それぞれの人と機関が責任を持って関わることのできる体制をつくる。
・それぞれの専門機関が役割を分担し関わることで、それぞれの機関の役割や限界を理解する。

保育所は行政や地域の専門機関と連携を図り、要保護児童対策地域協議会で検討するなど、適切な対応と取るようにします。特に虐待が疑われる場合は速やかに、児童相談所や市町村に通告し、適切に対応を図らなければなりません。

5 地域の保護者に対する保育所の子育て支援

保育所は、児童福祉法の規定に基づき、保育に支障がない限り、地域全体の子育て家庭に対する、子育て支援を行うことが求められています。

地域の子どもに対する、イベントや一時預かりなどを行う際には、参加するそれぞれの子どもの心身の状態を考慮しするとともに、日常の保育との関連に配慮しなければなりません。また、地域の関連機関との連携を図り、子育て支援について地域の人たちと連携や協働に努めなければなりません。

この記事をSNSでシェアしてね!

今の時代、多くの人がストレスを抱えて生きていると思います。 私も成長期の家族からの暴力や虐待に30年以上たった今でもトラウマを残し、生きづらさを抱えて生きてきました。 でも、人はみんな幸せに生きる権利があります。今の人生がつらい過去の上にあるとしても、そして、自分を取り巻く状況が厳しいものであっても、人の心や幸せの意味を考えてみんなに幸せになってもらいたいと思います。 最近、保育の勉強に興味をもちました。学んでいると、まるで自分を育てなおしているような気持になります。学んだことをブログにもまとめていますので興味のある方は是非ごらんください。育児中の方などにもお勧めです。